2017年04月02日

「心耳」(しんじ)心の耳で聴く。若松英輔氏の言葉。

0326サツマイナモリソウ02雄蕊.jpg

0326サツマイナモリソウ雌しべ.jpg

カルチャーラジオ日曜カルチャー http://www4.nhk.or.jp/P1940/28/
「かなしみの哲学 死者と共に生きるということ」1
2017年3月5日 NHKラジオ第2
【大震災という経験神谷美恵子と「生きがいについて」】
若松英輔(批評家・随想家) http://yomutokaku.jp/
(収録:2/25NHK文化センター青山教室)

ストリーミングラジオを聞きました。
表層ではなく、深層からの若松さんの言葉、
美しく心の静かなところに
響いてきて、奥の方から震えます。
深い言葉が多くて、何度も繰り返し聞いています。
再生スピードを遅くしたい。

神谷美恵子さんの本も若松英輔さんの本も大切にしています。

「心耳」(しんじ)心の耳で聴く。

「存在の深み」

以下の共鳴の話が特に印象に残ります。

ひとたび生きがいを失うほどの悲しみを経た人の心には、消え難い刻印が刻み付けられている。
それは普段は意識にのぼらないかもしれないが、他人の悲しみや苦しみにもすぐ共鳴し鳴りだす弦のような作用を持つのではないだろうか。しかし、もし、そこに暖かさがあれば、そこから他人への思いやりが生まれるのではないだろうか。 (「生きがいについて」神谷美恵子)


悲しみを経験するということは、世の中に悲しみが無数にあるということを発見すること。
共鳴するということは、響きあうということ。
響きあうってどういうことかって言うと、違うものであると言うこと。
同じ悲しみは存在しない。絶対に。
音が違うから響きあう。
人の悲しみがわかるということは、
自分の悲しみは自分だけのものということが深く理解される。ということと同じ。

別の言い方をすれば、我々は、他人を悲しみを容易にわかることはできない。
さらに言えば、だからこそ、自分の悲しみが他の人にわかってもらえないからと言って、
あまり、大きな不平を言ってはならないということにもなります。
なぜなら、我々は、他の人のことはわからないから。
我々が他の人の悲しみがわからない以上、他の人が私の悲しみがわからなくたって仕方ない。
でも、悲しみと悲しみ、苦しみと苦しみは共鳴し共振する。

悲しみによって人は人に開かれてゆく
悲しみのとても大きな意味。
悲しいを経験すると、自分が狭いところに閉じ込められた気分になりますが、
本当は違いますね。
(ラジオより若松さんの言葉。37分くらいから)





posted by mumu at 22:59| 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

虹(環水平アーク)・彩雲・チュウサギ

0327虹_2199B.jpg

0327虹2175.jpg

虹(環水平アーク)と彩雲と、

カメラ目線のチュウサギ。

お首が長〜いのね。(そうよ母さんも長いのよ)

目と目で通じ合いました。

0327チュウサギ3909.jpg



posted by mumu at 19:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

可愛い石たちと妖怪と天才

FullSizeRender.jpg

0319石.jpg

0319石02.jpg

かわいい石たち。
目のつくところに置いていて、
目で愛で、触って愛でています。

チャックベリー.jpg

Chuck Berry
1981 Art Director:Tshuguya inoue

チャック・ベリーが90歳でお亡くなりになられましたね。ご冥福をお祈り致します。

チャック・ベリーといえば、このポスターを思い出します。

このポスター1枚にも、いろんな物語があるのですよね。

--
アーティストは自分の心の内部空間にアクセスでいる能力を持っている必要がある。その空間は四次元を備えていて、いやもっと言うと高次元の運動体である。この高次元の内部空間にアクセスして、そこでたえまなく正起している運動を正確にとらえ、自分を同調させることのできた者だけが、感覚に未知の領域を開いていく表現を行うことができる。
中島英樹(TALKING THE DRGON TSUGUYA INOUE GRAPHICSより)
--
井上嗣也の仕事は、グラフィック・デザインというものに内在するパラドックスの、もっともラジカルな表現となることができた。彼の創造する「平面」(それは背後にあって高次元な内部空間が、いままさに運動しているという直観を、私たちにあたえる)には、いままで計算や文法によって捕獲されたことのない、未知の感覚の運動痕跡が残されている。
中沢新一(TALKING THE DRGON TSUGUYA INOUE GRAPHICS帯より)

このような表現を印刷に定着すること。私にはまだまだできない。

私は私のできることをコツコツをやっていこう。

36年前のポスターに、背筋が伸びた日でした。




posted by mumu at 16:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

「気付いていなかった」ということに「気付く」

0318彩雲02.jpg

0318彩雲.jpg

きのう。夕方の光と彩雲。

彩雲って珍しいものだと思っていたけど、

雲の出ている晴れの日には、100%に近い確率で彩雲が見られます。

今まで彩雲に「気付いていなかった」ということに「気付き」ました。



posted by mumu at 21:36| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

視覚はそのものズバリを見て感じる権利を持っているのだ。

0308飛び立つ軌跡.jpg

自分の描く絵に満足できなくて、

試行錯誤、潜っています。

具象画と抽象画のことについて考えていたら出会った

まど・みちおさんの言葉。

私はなぜ具象画を描かないのか
私は視覚を「読み」の呪縛から解放させてやりたいからだ。
とにかく視覚は今疲れている、
読まれることに追いかけられて、見る暇がなくなっている
これはコップ それは花 あれは山
便宜上、そのものの上にくっつけた名前を読むことだけが
視覚の仕事みたいにされている。
とんでも無いことだ。
視覚はそのものズバリを見て感じる権利を持っているのだ。

言葉の意味でない部分は昔からあるのです。
言葉を作り出してから一万年がそこらでしょ。
言葉の意味ってものはチャチなものであって
本当に大切な時には役に立たないものなんですよね。




・目的を持たずに作ること
・頭で考えない
・作為的にしない

とは沖潤子さん。https://www.junkooki.com/

自分の根源に向き合って、常識に囚われず作り出してゆきたい。

0308飛び立つ軌跡02.jpg

飛び立つ軌跡




posted by mumu at 22:24| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

少女の横顔

0225_311_72.jpg

3.11の当時のニュース映像で見た高校生の子の顔。

家族全員が津波で亡くなり、一人だけ助かった子。

なんとも言えない目で流された家の場所を見ていたのが忘れられません。

スケッチしていたのが出てきたので色を着けました。

すごく落ち着いているように見えて、淡々と話していたことも

強く印象に残っています。

その内に秘められている気持ちはいかほどのものか。。。





posted by mumu at 00:07| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

《海の川》31×41cm アクリル絵具

20170224海への流れ72.jpg

《海の川》31×41cm アクリル絵具

幾重にも重なっている景色。

海の川

水面の太陽

20170224海への流れアップ72.jpg





posted by mumu at 20:28| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「観見の目」

0221水晶1475.jpg

きょうの海散歩。

海辺の岩に輝く小さな水晶。虹色に輝いていました。

ぼんやり見たのが下の写真。

0221水晶3234.JPG

一箇所を見るのではなく、全体(気)を見ることを「観見の目」と言うことを知りました。

森でも海でもどこでも、ぼんやり観ると、また違った景色が見えてきます。



宮本武蔵が『五輪書』内で説いており、

「部分にとらわれる(見)のではなく、全体を捉えよ(観)」という意味だそうです。

「目の付けようは、大きに広く付くる目也。観見二つの事、観の目つよく、見の目よわく、
遠き所を近く見、近き所を遠く見る事、兵法の専也。」


posted by mumu at 17:01| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

私的大発見。水面の花。

 0219波の花3101_72.jpg

 0219波の花N3144_72.jpg

 0219波の花3117_72.jpg

 0219波の花3075_72.jpg

 0219波の花3130_72.jpg

今日の海散歩。

私的大発見。水のうねりで咲く水面の花。

どんどん生まれては消えてゆく様子が、

とてつもなく綺麗でずっと見入っていました。

私がじっとしてると隠れていた魚達も出てきてスイスイスー。

マリー・ホール・エッツの『わたしとあそんで』の女の子の気分。

海での時間ってあっという間。時間のポケットに入っているみたい。

気付けば二時間。楽しかった。



動画youtubeにアップしました。https://youtu.be/a_DW3ShT2Eg





posted by mumu at 18:25| 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

イルカに会えた日 / 《海辺の岩の世界》31×41cm アクリル絵具

20170211地衣類と植物72.jpg

《海辺の岩の世界》31×41cm アクリル絵具



海のスケッチをしたくて、原(ハルオ)の海岸に行ったら、

車を降りた途端、目の前にイルカの群れ!!

泳ぐスピード。ジャンプする高さ。美しさ。

どれもこれも私も想像をはるかに超えていました。

太陽に照らされ輝くイルカ!光がジャンプしているよう。

あまりに感動して写真は撮れませんでした。

屋久島でイルカに出会えて嬉しい。ありがとう。

彩雲は今日も綺麗でした。



0211彩雲2874.jpg

0211彩雲とツバメ_1739.jpg

彩雲とツバメ






posted by mumu at 23:22| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする