2016年01月07日

赤土絵《土に還る》シリーズ

赤土絵。《土に還る》シリーズ

屋久島の赤土と白土で描いています。

今まで、絵を見て言われた感想で一番嬉しかったの

【どんどん晶子ちゃんが無くなってきていていいね!】

というの。言ってくれた方は、もうこの世にいないけど、

とても嬉しかったので、その言葉は今も生きています。

自分を無くせば無くすほど、いい絵が描けると感じていたから。

無くせているだろうか?いや、まだまだ無くせるな。と、自問自答です。

f00土に還る02.jpg

F8号 

f00土に還る01.jpg

F3号 

f00土に還る0106.jpg

F3号 

f00土に還る0107.jpg

F8号


そして、こちらは、去年夏から、冬にかけて染めた、はに染め手ぬぐいです。

f00_201601手ぬぐい*.jpg


+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

※会場が博物館のため。お花を館内に入れることができません。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。















posted by mumu at 23:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

大いなる、小さなもの

1231星空.jpg

1231朝日.jpg

1231朽ちてゆく木赤土絵.jpg

2015年描き納め。屋久島の赤土と白土で描きました。F6号《朽ちてゆく木》

1231朽ちてゆく木赤土絵02.jpg

本年もお世話になりました。

穏やかな朝を迎え、夕方から降り出した雨も止み、

いま、満点の星空です。

今年は四月、tabiraさんで個展をさせていただき。

明石での個展が決まり、11月に銀ちゃんが亡くなり、

いろんなことを見つめた年でした。

来年も、もっと深く潜って、

見つめて、感じて、描いて生きます。

ありがたき、しあわせーーー。

たくさんの優しさに支えられ、

絵を描けています。ありがとうございます。

みなさま、良いお年お迎えください。

黒猫02.jpg

黒猫.jpg
最近庭に来る黒猫ちゃんです。



去年の12月にもブログに引用しました、

長田弘さんの詩の一部です。好きな詩です。

    大いなる、小さなものについて

 世界はいつも、どこかで、
 途方もない戦争をしている。
 幸福は、途方もないものではない。
 どれほど不完全なものにすぎなくとも、
 人の感受性にとっての、大いなるものは、
 すぐ目の前にある小さなもの、小さな存在だと思う。
 幸福は、窓の外にもある。樹の下にもある。
 小さな庭にもある。

長田弘の詩集『世界はうつくしいと』《大いなる、小さなものについて》より引用(みすず書房)




posted by mumu at 22:28| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

屋久島と明石をつなぐ赤土の話

古代の色.jpg

『よみがえった古代の色―万葉・風土記の黄と赤』金子 晋【著】
屋久島の赤土で、絵を描きたいと思っていたときに、出会った本。

この本の中に、古代染めを復活させた赤土の採取場所が載っていました。
明石市大久保町西脇「宗賢神社」の近く。

2012年10月。その地図を頼りに、宗賢神社を訪ねましたら、
秋祭りの前日の準備で、地元の方が集まっていました。
その中のお一人、Oさんに、赤土のことを聞いてみたら、
一緒に探してくださいました。

1006赤土02.jpg
発見!
少しいただき、屋久島に持ち帰り、屋久島の赤土と比較。
色はほとんど同じ。

つながる世界_201509.JPG

屋久島にて、赤土絵の制作開始。(屋久島の赤土にて)
はに染めも同時にはじめました。

20141123手ぬぐい72.jpg
明石の赤土でも綺麗に染まりますし、絵も描けます。

そのあと、Oさんが応援してくださり、人のご縁がつながり、
来年明石で個展を開くことになりました。
みなさんのおかげです!ありがとうございます。
明石の個展では、布やキャンバスに描いた赤土絵をはじめ、
屋久島の赤土で染めた、はに染め手ぬぐいも持っていきます。
明石の赤土の詳細はわかりませんが、屋久島の赤土は、
2万9千年前の火砕流とされています。
2万9千年前の赤い色が今も生きています。
赤土(埴・はに)は、人類が行った最古の彩色だとされ、
ネアンデルタール人の骨に赤土が塗られていたそうです。
ぜひ、太古の色を感じにいらしてください。


+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

※会場が博物館のため。お花を館内に入れることができません。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。















posted by mumu at 22:14| 鹿児島 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

真っ暗な土の中から生まれる光。と虫の声。

1216庭の花.jpg

《闇の中から生まれる光》砂鉄絵 F15 652*530mm

1216庭の花02.jpg


庭の植物の絵。

真っ暗な土の中の種が、地上にいろいろな色を持ってきてくれます。

闇の中で育つ光。

闇を怖いと感じるのはなぜだろう?

光を見ても、怖いとは思わない。

深淵を覗く気持ちになるからだろうか。



この絵を描いている時、銀ちゃんにお供えした、

お花の中から、虫の鳴き声が聞こえてきて、

銀ちゃんが側にいるようで、嬉しかったよ。



動画

1216夕方の光虹02.jpg

今日の夕方の光。




+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

※会場が博物館のため。お花を館内に入れることができません。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。















posted by mumu at 21:58| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

庭の小さな植物たちの絵。

1213庭の植物.jpg

庭の小さな植物たちを砂鉄キャンバスに描いています。

庭にすわって、小さな植物たちに目を凝らしていると、

愛しくて、胸がいっぱいになります。

もっと描いていたかったけれど、

日が暮れてしまったので、きょうはここまで。



+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

※会場が博物館のため。お花を館内に入れることができません。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。













posted by mumu at 19:05| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

砂鉄のキラキラ

1211ヒメレンゲ.jpg

1211ヒメレンゲ02.jpg

砂鉄のキャンバスにヒメレンゲを描きました。F4号(333*242mm)

春に、見事なリズムで一面に咲きます。

自然の中に隠れている数字。

宇宙は数字でできている!

花を描いていると、花が眩しくて仕方ありませんでした。

花のパワー。



砂鉄キラキラの動画

+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

※会場が博物館のため。お花を館内に入れることができません。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。












posted by mumu at 16:12| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

影ができるって、生きているってこと。砂鉄絵と木のスケッチ。

 1208銀砂鉄絵f.jpg

《影ができるって、生きているってこと。》砂鉄絵 F4号(333*242mm)

砂鉄に描いた銀ちゃん。

日向ぼっこして影がくっきり。

影ができるって、肉体があるからこそですね。

生きている銀ちゃんの絵です。



木のスケッチ3点。

1205スケッチ02.jpg

1205スケッチ03.jpg

1205スケッチ.jpg

自然の中にいると、癒されます。



+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。








posted by mumu at 22:28| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

形にすることの力

f銀と絵.jpg

銀ちゃんと絵が一緒に写った写真を集めてみました。

銀ちゃんのことを言葉にして口に出したり、

紙に書いたりしたり、友達からの慰めの手紙を読んだりすると、

涙が出てきます。

形にすることによって外に出される力ってあるんだな。

と再認識。

絵を描くことは、形のないものも、形に描くこと。

《形にする》ってすごい突破口なんだと思います。


posted by mumu at 17:16| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

100枚目の絵

1202流れ星.jpg

きのう掲載した、流れ星の絵。

流れ星に色を入れて完成しました。

F50号(1167*910)油絵。

絵を描いていると、膝の上に乗ってきて甘えていた銀ちゃん。

絵の外から絵の中に。

1月の明石での個展に飾る絵の数を数えていたら、

この絵がちょうど《100枚目》でした。



屋久島に来てから描いた絵。大きいのから小さいのまで、100点を展示します。

どうぞいらしてください。

個展の詳細は、HPhttp://www.shokomumu.com/Welcome.html)の
newsページをご覧ください。

+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+




posted by mumu at 14:03| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

空いっぱいの思い出

1201流れ星.jpg

銀ちゃんの流れ星を描こうと思ったら、空いっぱいに。

旅立っていった、だれかの大切な思い出たちです。

F50号。油絵。


+-+-+-+
明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展
向井晶子絵画展 屋久島に生きる
2016 年 1.23(土)〜 2.2(火)
10:00-17:00 入場無料
※ただし、1月25日(月)・2月1日(月)は休館日
明石市立文化博物館 2Fギャラリー
お問い合せ:公益財団法人明石文化芸術創生財団
078-918-5085  http://accf.or.jp/
向井晶子HP http://www.shokomumu.com/
+-+-+-+

posted by mumu at 18:18| 鹿児島 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

赤土&白土絵《フカの木》150*200cm とスケッチ

 1121フカ赤土銀.jpg

赤土絵《フカの木》150*200cm

屋久島の赤い土と、白い土。

白い土も仲間入りしました。

安房テフラです。約70〜80万年前ほど前の火砕流。

フカの木は、屋久島では《役に立たない木》と言われていますが、

とっても格好いいんです。大きな画面に描かせてもらって嬉しいです。

1121安房テフラ02.jpg

1121安房テフラ.jpg

こちらは、今朝の海のスケッチと、

きのうの木のスケッチ。

 1120朝日スケッチf.jpg

 1120スケッチ02f.jpg

 1120スケッチf.jpg

広い空を見ていると、まあるい地球に飲み込まれそうになります。



先日は、ひらやませいこさんのクレイファンデーションワークショップに行ってきました。

土の持つ、様々なパワーの話。とても興味深かったです。

土と近い生活は、とても大切ですね。





posted by mumu at 12:17| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

赤土絵4点 と 北島三郎さんの夢

以前描いていた赤土絵。

キャンバスに描き直しました。

1115f立春F8.jpg

《立春》F8
号 屋久島の赤土
春になって踊り出す細胞。


1115fスギ林F8.jpg

《スギ林》F8号 屋久島の赤土
森の中の空気は常に動いている。


1115f生命F6.jpg

《生命》F6号 屋久島の赤土
浮かんできた生命の形。


1115f数字の海F6.jpg

《数字の海》F6号 屋久島の赤土
海のキラキラが数字や文字に感じられることがある。



今朝の夢は、北島三郎さんが夢に出てきて、

絵の指導を受けていました。

何年か前にも北島三郎さんが美術学校の校長で登場したことがありました。

「ほら、よく見てごらん、海の色は青じゃなくて、いろんな色があるんだよ」

ってその時は言われたのでした。

気持ち良い目覚めでした。


posted by mumu at 00:15| 鹿児島 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

きょうのスケッチ

 1108スケッチ03.jpg

 1108スケッチ02.jpg

 1108スケッチ.jpg

引き続き、木のスケッチです。

外で描くのは気持ちいいですね。




posted by mumu at 18:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

屋久島の水晶 F20号と スケッチ

 1108水晶の絵.jpg

屋久島の水晶の絵。 F20油絵。

以前描いていたものに、少しだけ手直ししようと描き始めたら、

どんどん変わってゆきました。

屋久島は水晶がたくさんある島。

絵の水晶の中に屋久島が浮き出ています。

 1107スダジイスケッチ.jpg

 1107スケッチ02.jpg

 1107スケッチ.jpg

毎日、こもって絵を描いていると、心身ともにバランスがおかしくなるらしく、

森に行って木をスケッチ。紙は新麻紙。

何も考えず、目と腕が直結している感じでどんどん描いてゆきます。

いつだって木はいいなぁ。

安心するような、励まされるような。


posted by mumu at 23:06| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

ぼんやり見る世界

1104蜘蛛の巣f.jpg

《ぼんやり見る世界》水彩画 アルシュ紙 40*30cm



今日も蜘蛛の巣の絵。

ほんやりピントを合わせずに見る世界を

描きたいと思って描きました。

これからも《ぼんやり見る世界》を描くことにチャレンジします。

はっきり焦点を合わすのではなく、ぼんやり見ることによって

見えてくる、感じてくる世界があるのです。





posted by mumu at 19:25| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

葉っぱの目からみた森。とスケッチ。

 1102葉っぱの目.jpg

《葉っぱの目》水彩画 30*40cm


 1102蜘蛛の巣水彩画.jpg

《蜘蛛の巣の調べ》水彩画 30*40cm


 1103アコウスケッチ.jpg

アコウの木スケッチ

 1103シャリンバイスケッチ.jpg

シャリンバイの木スケッチ



見えた色をどんどん乗せていっていたら、

こんな色の木になりました。



絵を描くとき、肩に力が入る過ぎている気がするので、

もっと軽やかに、楽しく描けるように。

と、朝、思いました。




posted by mumu at 16:20| 鹿児島 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

流木の額に蜘蛛の巣の絵。

1102蜘蛛の巣.jpg

以前、いただいた流木。もとから真ん中に

穴が開いてます。

そこにあう絵を、、、。と蜘蛛の巣の絵を描きました。

蜘蛛の巣が光の色を見せてくれています。

それを描こうとしています。


左は蜘蛛と蜘蛛の巣。右は蜘蛛の巣。

蜘蛛。光に透けると、黄色がかったブルーがとってもきれいなんです。






posted by mumu at 20:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

蜘蛛の巣の絵

 1101蜘蛛の巣水滴水彩画f.jpg

《太陽がいっぱい》水彩画 30*40cm

秋は蜘蛛の巣の季節。

同じ種類の蜘蛛でも、巣を几帳面にきれいに作っているのもいれば、

なんだかホニャホニャした蜘蛛の巣もあります。

経験によるのかな?

絵は、蜘蛛の巣の水滴。水は光を集めます。太陽がいっぱい。

人間の体も水分が多いから光を集めるのかも。

1101進行中.jpg1

今日は、いろいろ同時進行。

水彩画、油絵、アクリル画。

明石の個展まで、あと2ヶ月ちょっと。

毎日、絵を描ける幸せを噛み締めながら描いています。

ありがとうございます◎

1101銀.jpg

真っ白な画用紙の上に鎮座まします。銀ちゃん。

「早く寝ようよ〜」と呼びに来ているところです。





posted by mumu at 23:14| 鹿児島 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

新しいキャンバス50号

102450号.jpg

F50号新しい絵、描き始めました。

100号を描いた後だと、小さく感じますね。

あんなに大きく感じていたのに。

絵の具を塗った後、小さな虫が画面にくっついてゆく。。。

102450号02.jpg

光っているのは、蛍光灯の反射です。

油絵描いているとき、どうしても描きたくなって合間に描いた砂鉄絵F6号。

1024砂鉄.jpg

こうゆう抽象画は控えようと思っていたのだけど、

やっぱり外に出してあげようと思って一気に描きました。

自分でもどうゆう意味がわからないんですが、

頭に浮かんできます。



posted by mumu at 00:02| 鹿児島 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

静寂の音

 00永遠の静寂.jpg

《静寂の音》

何年か前に描いた50号(1167×910mm)

大幅に加筆修正。

森の中、静寂のなか、植物はつねに生きて動いている。

静寂の中で刻まれる生命の音。



何年か前に描けなかったところが描けるようになっていて、

少し進歩していることを実感し、嬉しかった。

描いていればすこしずつ上手くなるんだなぁ。

描きたい絵を描けるように、コツコツ描き続けるのみ。



posted by mumu at 22:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする