2017年03月28日

虹(環水平アーク)・彩雲・チュウサギ

0327虹_2199B.jpg

0327虹2175.jpg

虹(環水平アーク)と彩雲と、

カメラ目線のチュウサギ。

お首が長〜いのね。(そうよ母さんも長いのよ)

目と目で通じ合いました。

0327チュウサギ3909.jpg



posted by mumu at 19:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

可愛い石たちと妖怪と天才

FullSizeRender.jpg

0319石.jpg

0319石02.jpg

かわいい石たち。
目のつくところに置いていて、
目で愛で、触って愛でています。

チャックベリー.jpg

Chuck Berry
1981 Art Director:Tshuguya inoue

チャック・ベリーが90歳でお亡くなりになられましたね。ご冥福をお祈り致します。

チャック・ベリーといえば、このポスターを思い出します。

このポスター1枚にも、いろんな物語があるのですよね。

--
アーティストは自分の心の内部空間にアクセスでいる能力を持っている必要がある。その空間は四次元を備えていて、いやもっと言うと高次元の運動体である。この高次元の内部空間にアクセスして、そこでたえまなく正起している運動を正確にとらえ、自分を同調させることのできた者だけが、感覚に未知の領域を開いていく表現を行うことができる。
中島英樹(TALKING THE DRGON TSUGUYA INOUE GRAPHICSより)
--
井上嗣也の仕事は、グラフィック・デザインというものに内在するパラドックスの、もっともラジカルな表現となることができた。彼の創造する「平面」(それは背後にあって高次元な内部空間が、いままさに運動しているという直観を、私たちにあたえる)には、いままで計算や文法によって捕獲されたことのない、未知の感覚の運動痕跡が残されている。
中沢新一(TALKING THE DRGON TSUGUYA INOUE GRAPHICS帯より)

このような表現を印刷に定着すること。私にはまだまだできない。

私は私のできることをコツコツをやっていこう。

36年前のポスターに、背筋が伸びた日でした。




posted by mumu at 16:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

「気付いていなかった」ということに「気付く」

0318彩雲02.jpg

0318彩雲.jpg

きのう。夕方の光と彩雲。

彩雲って珍しいものだと思っていたけど、

雲の出ている晴れの日には、100%に近い確率で彩雲が見られます。

今まで彩雲に「気付いていなかった」ということに「気付き」ました。



posted by mumu at 21:36| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

視覚はそのものズバリを見て感じる権利を持っているのだ。

0308飛び立つ軌跡.jpg

自分の描く絵に満足できなくて、

試行錯誤、潜っています。

具象画と抽象画のことについて考えていたら出会った

まど・みちおさんの言葉。

私はなぜ具象画を描かないのか
私は視覚を「読み」の呪縛から解放させてやりたいからだ。
とにかく視覚は今疲れている、
読まれることに追いかけられて、見る暇がなくなっている
これはコップ それは花 あれは山
便宜上、そのものの上にくっつけた名前を読むことだけが
視覚の仕事みたいにされている。
とんでも無いことだ。
視覚はそのものズバリを見て感じる権利を持っているのだ。

言葉の意味でない部分は昔からあるのです。
言葉を作り出してから一万年がそこらでしょ。
言葉の意味ってものはチャチなものであって
本当に大切な時には役に立たないものなんですよね。




・目的を持たずに作ること
・頭で考えない
・作為的にしない

とは沖潤子さん。https://www.junkooki.com/

自分の根源に向き合って、常識に囚われず作り出してゆきたい。

0308飛び立つ軌跡02.jpg

飛び立つ軌跡




posted by mumu at 22:24| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「観見の目」

0221水晶1475.jpg

きょうの海散歩。

海辺の岩に輝く小さな水晶。虹色に輝いていました。

ぼんやり見たのが下の写真。

0221水晶3234.JPG

一箇所を見るのではなく、全体(気)を見ることを「観見の目」と言うことを知りました。

森でも海でもどこでも、ぼんやり観ると、また違った景色が見えてきます。



宮本武蔵が『五輪書』内で説いており、

「部分にとらわれる(見)のではなく、全体を捉えよ(観)」という意味だそうです。

「目の付けようは、大きに広く付くる目也。観見二つの事、観の目つよく、見の目よわく、
遠き所を近く見、近き所を遠く見る事、兵法の専也。」


posted by mumu at 17:01| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

私的大発見。水面の花。

 0219波の花3101_72.jpg

 0219波の花N3144_72.jpg

 0219波の花3117_72.jpg

 0219波の花3075_72.jpg

 0219波の花3130_72.jpg

今日の海散歩。

私的大発見。水のうねりで咲く水面の花。

どんどん生まれては消えてゆく様子が、

とてつもなく綺麗でずっと見入っていました。

私がじっとしてると隠れていた魚達も出てきてスイスイスー。

マリー・ホール・エッツの『わたしとあそんで』の女の子の気分。

海での時間ってあっという間。時間のポケットに入っているみたい。

気付けば二時間。楽しかった。



動画youtubeにアップしました。https://youtu.be/a_DW3ShT2Eg





posted by mumu at 18:25| 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

虹・彩雲・葉っぱのキラキラ

0130彩雲.jpg

0130山と虹02.jpg

0130山と虹.jpg

0130山と虹03.jpg

風が強く、暖かい屋久島。

風の強い日、子どもの頃からワクワクします。

彩雲に虹に、照葉樹のキラキラ。

ぼんやり見ると、さらに綺麗。

美しい地球。



0130照葉樹01.jpg

0130照葉樹.jpg

0130照葉樹02.jpg


posted by mumu at 15:44| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

光の海をゆく船

0128光の海をゆく船2415.jpg

0128光の海をゆく船2422.jpg

光の海をゆく船。

海の中には、クジラ。

きのうもきょうもクジラが泳いでいるのを見ましたよ。




posted by mumu at 19:18| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

夢で見た印象的な洞窟

105122-630x413.jpeg

去年、夢で見た印象的な洞窟。
沖永良部島のようだ。
この景色を見て、なんでかわからないけど、
涙が止まらなかった。
なんでだろう。意味のわからない涙。

クジラのことを調べてて沖永良部のクジラの動画に行き当たり、
関連動画で飛び出せ科学くんの動画。
見てみたら、衝撃を受けた。
そして、ビリビリ、一瞬でかなりの量のインスピレーションを得た。
インスピレーション=in spirit

(写真はhttp://tabit.jp/archives/27106より)



posted by mumu at 23:24| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

彩雲と鯨とかわい子ちゃん

0117くるみんと02.jpg

0117彩雲.jpg

0117クジラ.jpg

誕生日。

今日も鯨ウォッチング。

お絵かきセットを持って。

くるみちゃんという可愛い女の子も!

最高だったよ。

くるみんのお母さんが写真撮ってくれてました。ありがとう。

何もしないという贅沢。

ただただ海と空と雲を見て、友人とおしゃべり。時々クジラ。

10歳までブラジルで育った、中身ブラジル人の友人はいつも面白すぎて

いっぱい笑っちゃう!

Kさんに思いがけないプレゼント(マッコウクジラの歯の鯨の尻尾のアクセサリー)も

頂いて嬉しい限り。

とっても幸せな誕生日でした。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

0117海.jpg

0117空と海.jpg

0117海02.jpg

0117二分化の空.jpg

0117朝の雲.jpg




posted by mumu at 23:44| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

“いつか” が “いま”に ! ザトウクジラを見る。

0116クジラ02.jpg

0116クジラ.jpg

0116クジラ03.jpg

ずっと見たいと思っていたクジラさん。

冬は屋久島で、クジラの目撃情報が多く、いつか見たいと思っていました。

その “いつか” が “いま” 目の前に現れてくれたのです。あっけないほど突然に。

屋久島の楽しい友人たちと、いっぱい笑いながらザトウクジラを見ました。

0116トカラ列島.jpg

トカラ列島と夕方の光もともに。






posted by mumu at 21:21| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

猫の百面相 と 猫ヒストリー

銀ちゃん百面相.jpg

【銀ちゃん百面相】
今までの写真を整理していたら
表情豊かな銀ちゃんの写真がいっぱい!
百面相にまとめてみました。
猫ってこんなに表情豊かなんだ!
って教えてくれた銀ちゃんでした。


0115花ちゃんと青い蝶.jpg

花ちゃん

0115アンちゃん.jpg

アンちゃん


アンちゃんを遊びに誘う時、くねくねゴロンゴロンする花ちゃん。


花ちゃんとアンちゃん追いかけられたり追いかけたり

以下わたしの猫ヒストリー 忘れないようメモしておきます。
=========================
【一匹目:ミリー サバトラ ♀】1983-2003年
私が小学三年(9歳)の頃から29歳まで。
20年近く生きました。
保健所に連れて行かれるところを母が救出。
母がミリーを腕に抱きながら、家に来てからの思い出を話していたら、
“ニャー"とひと声、鳴いて息を引き取ったそうです。
大往生でした。
水洗トイレでトイレをするようなとっても賢い猫でした。
(チーとリーという子供を産みましたが、一匹は早くに病死、一匹は家出してそのまま)
=========================
【2匹目:ヒカル サバトラ ♂】2005年-
東京で働いていた頃 2005年から3年くらい通ってきていたかな。
家の近くの曲がり角で待ってて、私を先導して家に帰っていた。
撫でさせてくれることはなく、野良猫。
=========================
【3匹目:チロ 白猫 ♂】2010年7月19日-2011年2月26日
2010年7月19日の夜にやってきて 2011年2月26日、満点の星空の日いなくなった猫
涙を拭いてくれた猫
屋久島で猫を飼うつもりはなかったけど、飼うことになった猫。
=========================
【4匹目:銀 サバトラ ♂】2011年03月06日-2015年11月23日
チロが家出して探している時に、溝の中で鳴いてた猫。
悟ってたね。
=========================
外猫:ネネ♀とココ♂ 茶トラと黒猫 2016年2月-
2016年2月ごろからやってくるようになった
5月ごろココが子猫三匹つれてくる。
一匹はいなくなる。現在 サク♂ 白猫 と日向 茶トラ♂
=========================
【5匹目:花ちゃん サビ ♀】2016年6月6日-
 夜の県道でうずくまっていた猫
=========================
【6匹目:アン 金色のトラ ♀】2016年12月24日-
草むらから飛び出てきた猫。




posted by mumu at 18:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

森の中の好きなもの

0109森の白い木.jpg

白い粘菌に覆われた木

0109葉っぱの宇宙.jpg

葉っぱの宇宙

0109アミタケmail.jpg

アミタケ

自然の造形ってお見事としか言いようのない美しさですね。

0112森さんぽ.jpg

0112森さんぽ02.jpg

花とアンも森散歩。


posted by mumu at 22:25| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます

0101初日の出鳥02.jpg

0101鳥ハクセキレイ.jpg

0101波.jpg

0101波_4722.jpg

0101波ぼんやり.jpg

あけましておめでとうございます。

穏やかな年末年始。

おかげさまで幸せな気分に包まれています。

ありがとうございます。

本年はもっとぐっと深く潜って、集中&リラックスして

創作していきたいです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

1231花ちゃん.jpg

1230花ちゃんとアン.jpg

写真の文字は、猫ご飯いっぱい送ってくれて友達の手紙の文字です。

皆様の優しさに包まれて生きています。

感謝。








posted by mumu at 09:12| 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

飛び出てくる日

1109原っぱ.jpg

きのうは、飛び出てくる日。
いつもの原っぱに散歩に行ったら、
まず、キジの夫婦が目の前の草むらから
キエーッと叫びながら飛び出てきて、
花ちゃんも私もびっくり!
夫婦別々の方向に逃げて行った。
(二手に分かれるのね)と思いながら
「花ちゃん、びっくりしたね〜」と話しかけると
「ニャー」と返事。
そのあと小さな「ニャーー」が
ヤマビコのように聞こえてきて、
「ん?」と、もう一度、耳を澄ましてみると、
花ちゃんの「ニャー」に続いて
もう一つのニャーが間違いなく聞こえる。
私も「ニャー」と鳴いてみると、
草むらから飛び出てきた子猫。
「ニャーニャーニャー」と休みなく鳴きながら
私の足に絡みついて離れない。
私の脳内でニャーは
「助けて!助けて!生きたい!」に変換され、
抱っこしてみると、ガリガリで骨が手にあたり、
顔を見るとヒゲがチョキンと切られている。
腕にしがみつく爪が鋭くて痛いので地面に下ろす。
どうしよう。。。と思いながら歩く。
歩いても走ってもついてくる。
そのまま車に行くと、ドアと開けると同時に
車に飛び乗る子猫ちゃん。
というわけで、今ストーブの前で就寝中。
草むらから、飛び出てきた猫は
ほっとけないくらい小さな体だけど、
「生きたい」というパワーはとても強く
私は圧倒されて、射られたのでした。

1224子猫ちゃん02.jpg

1224子猫ちゃん.jpg


posted by mumu at 02:18| 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

森の鳥風・“ない” を見る。

 森の鳥風_0740_72.jpg

 森の鳥風_1540ハガキ.jpg

【森の鳥風】

A3 手漉き和紙・アクリル絵の具

森の中の木々の空間が鳥。

風の強い森の中。

空白を描く。

“ない” を見る。

このモチーフ、3回目の挑戦です。



1枚目と2枚目は照明違いです。

和紙なので、透過光も綺麗なので、逆光と順光。






posted by mumu at 19:44| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

銀ちゃん一周忌

1123銀ちゃん.jpg

一年前のきょうは、今年よりもっと寒くて布団にもぐりこんで来てた銀ちゃん。

いつもよりやけに寝てるなぁ。と思ったら、起き上がって来て発作を起こして、

あっという間に昇天。

そんなことを思い出していると、花ちゃんがニャーニャー鳴いて寄って来て、

私の鼻を噛みました。この小さくてあったかい温もりが側にいてくれる幸せ。

花ちゃんと一緒に銀ちゃんに手を合わせて、銀ちゃんに供えたトビウオのお下がりをいただきました^^

アニマルコミュニケーションできる友だちに数ヶ月前、銀ちゃんのメッセージを伝えてもらいました。

「この世は冷たいところだと思っていたけど、いっぱい愛されたおかげで冒険もできたよ。
(銀ちゃんは海に捨てられていて、何日も鳴き叫んでいたのを友人が拾った猫です)

突然の別れのように見えて悲しませたかもしれないけど、初めから決めて来た人生のサイズなんだ。

シナリオ通りなんだ。エサが悪かったのかなんて考えなくて大丈夫。

ぼくのなかに溶けてくれてありがとう。

晶子ちゃんのなかにぼくもいる。次は晶子ちゃんが冒険する番。バトンを渡したからね。

広い世界が待ってるよ。たくさん楽しんでほしい。気兼ねせずに、たくさん。

その先でぼくを見つけてほしい。必ずぼくだってわかるようにするから、見逃さないでね。」

要約するとこんな感じです。

今は、次の場所に向かって凄いスピードで進んでいるそう。

私が楽しいことをしていれば、必ず銀ちゃんに会える。

いっぱい私も冒険しようと思います。

1123きのこ.jpg

屋久島の 樹之香(きのこ)さんの依頼で

ヘンプやシルクの糸を屋久島の赤土で、じっくりと染めました。

ネイティブなマクラメ編みが素敵な 樹之香さんの作品たち。

どんなアクセサリーができるのか楽しみです。

染めている時にラジオから流れてきたのは

中島みゆきさんの「糸」でした。ぴったり。

時々、こうゆう神がかったことが起こりますね。

なぜめぐり逢うのかを
私たちはなにも知らない
いつめぐり逢うのかを
私たちはいつも知らない

どこにいたの生きてきたの
遠い空の下ふたつの物語



posted by mumu at 21:34| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

ぷっかりと浮かぶ満月

1114満月虹色_1489.jpg

1114満月虹色_1492.jpg

きのうは、月が地球に最接近するというスーパームーンのお月様でしたね。

屋久島も雨でしたが、日付が変わる頃になって

雲が切れ、満月を見ることができました。

雲がどんどん流れて行く中、

じっとしているように見える月を見てると、

自分が地球の上に立っているのに、どうして、月は浮かんだままなのか?

と、不思議な気持ちになりました。

地に足がつかず、浮きっぱなしなのに、この存在感。

ぷっかりと浮かんでいる月は、そこだけ別空間のようで、

月のウサギも、月の輪郭がなくなって、本当に夜空で跳ねているように見えました。

1114満月_1439.jpg

月は、どんなに大きく見えていても、

手を伸ばした小指の爪をかざせば隠れてしまいます。

1114満月1780.jpg

1114満月1811.jpg

月の光で雲は幾重もの、虹色に染まり、螺旋を描き

そのあと、青い光になりました。

夜の空も色彩豊かです。



まんげつのよる music : zmi / painting : shoko mukai







posted by mumu at 20:28| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

オリオン座を見ると冬だと思う。

1102オリオン.jpg

オリオン座を見ると冬だと思う。

屋久島の好きなところ、夜がちゃんと闇なこと。

特に森の漆黒には畏れを抱きます。

草や木も眠りについて、ピーンと張り詰めている空間。

色とりどりの花たちも、真っ暗な土の中から生まれてくるように、

色んなものは、闇から生まれて来ているんでしょう。

これから読む本。ミヒャエル・エンデ『闇の考古学』

楽しみであります。

posted by mumu at 22:19| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

花ちゃんの秋。銀ちゃんからのプレゼント

1025フェリシモカレンダー.jpg

銀ちゃんの写真が来年のフェリシモカレンダー
まいにちにゃんこ 2017 に採用されました。
「カレンダーになって帰ってきたんだね〜」
と思いながら何日に登場するか、めくっていたら、
8月15日お盆でした!
銀ちゃん、つくづく粋な演出。
銀ちゃんが旅立ってからも沢山のプレゼントを貰っています。
ポストに鳥の羽根。ダウルレインボー。美しい煙の形。

ー+ー+ー+カレンダーの横の文章。ー+ー+ー+
 初めて海に散歩に行ったよ
 波の音がすごかったよ
 なにか大きな生き物かな
 じっと耳を澄ませていたよ
ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+

1024花ちゃん03.jpg

1024花ちゃんと影02.jpg

花ちゃんの秋。
どんな所でも、まず歩く。
野原を歩く。
ススキの穂・花ちゃんの尻尾・フサフサ揺れて光ってる。
バッタを見つけたら、躊躇なく飛びかかる。
花ちゃん跳ねる。バッタも跳ねる。
バッタの方が遠くに飛んで、花ちゃん着地。
疲れたら休憩。座って太陽に挨拶。

1024花ちゃん太陽とキス.jpg

1024花ちゃん01.jpg

1026海.jpg

ちょっと30分だけ散歩に行こうと海へ。
花ちゃんと行くのは、初めての場所。

1026花ちゃんと海岩.jpg

海岸ごとに岩の種類が違って、景色も違う。
花ちゃん、海の大地に抱かれて、とろけそうにご満悦。
私もふにゃふにゃのふにょふにょに、ほぐれれてゆくよ。

1026花ちゃんと海岩13.jpg

君は岩から生まれて来たのかい?孫悟空かな。
猫って人間界にわざわざ降りて来てくれている、
高貴な生き物に違いない。

1026イソヒヨドリ.jpg

イソヒヨドリの唄も響いていて
あまりに気持ちよくて、思わず泳いだりしてたら、
気付けば、1時間30分も経ってた。

砂浜で旅行者らしき人が洗濯物干して、体操座りでボ〜ッと海を眺めてた。
近くに飯盒もあったから、ここに泊まったのかな。
波の音を聞きながら寝るのは、気持ちいいことでしょう。
話しかけようか迷ったけど、そっと離れて
私と花ちゃんも、海を満喫。

海に流れている時間って、あるようでないのであります。


posted by mumu at 19:42| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする