2017年09月12日

アペルイさんのTシャツ完成しました

0912アペルイTシャツ01.jpg

Yakushima Guide Organization "Aperuy"/ アペルイさんのTシャツ完成しました!

作り手も買う人もみんなハッピーTシャツ。

そういう仕事をしていきたいと思っているので、とても嬉しいデザイン&染めでした。ぜひ、着てみてください。

ご購入・問い合わせはアペルイまで。

http://aperuy.com/
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2480-28
TEL:080‐8357‐3308 or 080‐8588‐5288
Email:s28071977@gmail.com

0912アペルイTシャツ.jpg



デザインは《つながっている世界》染めは屋久島の2万9千年前の赤土。

自分に【素直】なアペルイの俊蔵さんから声をかけていただき実現。
とっても嬉しいTシャツ作りでした。
デザインを決める時などの会話もすごく気持ちよかった!素直って簡単だけど貴重。素直なTシャツができました。Apery(アペルイ)さんではガイドの他、「森のようちえん あぺるい」「アペルイ自由な楽校」なども主宰。間も無く喫茶店もオープンします!俊蔵さんは表現方法は違えど、自然を舞台としたアーティトだと思います。

《母なる大地の色・赤土》
赤土染めは人類最古の染色と言われており、ネアンデルタール人の骨に彩色されているのが発見されています。ハニワの「ハニ」は赤土を表していますので、 ハニ染めとも言います。
原始古代社会において炎や血と同色の赤色は呪術・霊力があるものと信じられていたそうで、邪除けとして船に塗ったり、服を染めたりしていたという記述が残っています。(「播磨風土記」)
この赤土色をまとって、ホッとするのは、大地の色からなのか、先祖が着ていた色だからなのか。細胞が遺伝子がホッとしているかのような感覚になります。



posted by mumu at 12:38| 鹿児島 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする