2017年11月21日

マザーツリー

1120アンと栂.jpg

屋久島の森を色々歩いていると、

スザンヌ・シマードさんのおっしゃっているように、

本当にマザーツリーってあるんですよね。

その森全体を守っているような木。

今、描かせてもらっている栂の木もマザーツリーだと思う。

神戸のあすなろの木もそのような存在ではなかったのかしら。



【TED|スザンヌ・シマード: 森で交わされる木々の会話】

「森は見えているものが全てではない」と言う生態学者のスザンヌ・シマードは、

カナダの森での30年間に渡る研究で、

木々はお互いに会話をしているという驚くべき発見をしました。

それも、かなりの距離を隔ててでも-

動画(18分24秒)→ http://digitalcast.jp/v/25221/




posted by mumu at 00:52| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

栂の絵

1119栂.jpg

愛しい栂の絵を描いています。(F50号油絵)

どうしても桃色を塗りたくなる。

神戸に連れてこられたクリスマスツリーの

あすなろの木を思いながら、

《フクロウの声が聞こえる》小沢健二とSEKAI NO OWARI を

エンドレスで聴きながら歌いながら描いている。

めちゃくちゃいい歌だな。

栂の木もトトロの木もあすなろも私もみんな繋がっている。

♫はじまりはじまりの扉が開く〜〜〜♫




神戸のあすなろの木はイベントが終わったら、

一つ3,800円のバングルにされて、フェリシモで販売されるそうです。

参照ブログ
神戸市 世界市のクリスマスツリーについて賛否 神戸市会議員 五島だいすけ


やりきれないです。

でも、友人が、私の描いた木の絵を見て、言葉で説明できないエネルギーを

直感で受け取って、自然に対する見方が変わった。と言ってくれたので、

私にできることを、絵を描くことを、続けてゆきます。

ありがとう。





posted by mumu at 23:09| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

神戸の世界一高いクリスマスツリー。悲しい。

1118蜘蛛の巣トトロ.jpg

2017/11/18 蜘蛛の巣とトトロ

11/4くらいから同じ場所にずっといる蜘蛛。

小さい蜘蛛は一度いなくなったんだけど、また帰って来た!



神戸の世界一高いクリスマスツリーのニュース。悲しい限り。

例えば、このトトロの木が「世界一なんです。復興のシンボルなんです。植樹します。

そのあとは切り刻んで記念品にします。」ってなったら絶対に嫌だし、

トトロの木もそんなこと望んでいないと思う。

「反論は承知です。生命について考えるきっかけになればいいと思っています」

なんて、日々の生活の中で考えるきっかけになることは、いくらでもある。

善意に見せかけた悪意が一番タチが悪いと思う。

神戸に移動されてしまった、あすなろの木さん。

あんな小さい根っこで、海辺に一ヶ月も生き続けられるかなぁ。

どんな気持ちで立っているのだろう。

ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。

朝から、とても悲しくてやりきれない気持ちになりました。

庭を少し散歩してクールダウン。自然は、どこまでも懐が深いです。






posted by mumu at 14:40| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

思い出の猫・チロ。《ASPIA AKASHI GALLERY 年末年始色紙展》

1116チロ03_72.jpg

思い出の猫・チロ。

チロは私を助けにきてくれた猫。

夜やってきて、夜いなくなりました。

年末年始色紙展に出展する色紙の絵です。砂鉄にアクリル絵の具。



《ASPIA AKASHI GALLERY 年末年始色紙展》

2017年12月20日-2018年1月15日 10:00−20:00

アスピアスマイルギャラリー
(アスピア明石3階)

主催:(公財)明石文化芸術創生財団

明石市出身・明石市内で活動している方の様々なジャンルの作品が展示されます。


posted by mumu at 00:29| 鹿児島 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

チロの絵

1114チロ.jpg

明石の年末年始色紙展に出展する絵、描き始めました。

屋久島での猫生活のきっかけとなった白猫チロです。

庭で悲しくて泣いてたら膝に乗ってきて

涙を拭いてくれた猫(そのとき初対面)

何を描こうかと、色々考えていた時に、

気配が浮かび上がってきました。


posted by mumu at 21:41| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

屋久島サングリアのハートと虹色

1027サングリア.jpg

絵を描かせていただいた、本坊酒造さんの屋久島サングリア。
赤にも、白にもハートがちっちゃく隠れています^^
溢れるフィーリング止められやしない〜〜🎶このハートを描いているときに頭に流れてた曲は、
the collectorsの「愛ある世界」
 ハートの鼓動で 地球が廻ったら
 ひとつの言葉で みんなが歌えたら
 Oh! baby 愉快だろう
 Mn! baby そうしよう
 広い宇宙 愛ある世界

そして、瓶にレインボーが!嬉しい発見。

徐々に旧製品と入れ替わっています。
店頭に並んでいるのはなんとも嬉しいものですね!

全国発売&ネット販売は年明けになるそうです。


posted by mumu at 09:17| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

雨の形。変幻自在。

1019蜘蛛の巣.jpg

1019蜘蛛の巣の雨.jpg

1019蜘蛛の巣02.jpg

雨の中でも、強くてしなやかな蜘蛛の巣。

アメドーム・ポコポコポコ

じっとしていないから、じっと見てしまう。

1018雨b.jpg

1018雨C.jpg

1018水たまりトトロ15:28.jpg

水たまりに揺らぐトトロの木

1019雨ドームDSCN5896.jpg

1019雨ドーム5931.jpg

1019雨ドームDSCN5913.jpg

アメドーム ポコポコポコ






posted by mumu at 19:49| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

《光る影》F50号・46億分の一瞬

1013海の中の影_0108.jpg

《光る影》F50号(1167×910mm)・油絵

海に落ちる自分の影。

光が通過しない体。海水を通過して可視化される光。

光のカケラが泳いでいるかのような、キビナゴの群れ。

一瞬の景色を絵に描こうと、描き始めて完成まで数ヶ月かかりました。

自然にとっては一瞬のことでも、それを形に定着させるのには時間がかかる。

そんな景色を惜しげもなく見せてくれる自然。

46億分を内包している一瞬。があちこちに。


posted by mumu at 15:40| 鹿児島 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

海に雲の影

1009雲の影.jpg

1009雲の影02.jpg

海に雲の影

なんと美しい景色。



posted by mumu at 08:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

絵に魂が宿った。

1007海の中の影00.jpg

海の中の絵を描いています。

F50号、油絵。

描いていて、「この絵に生命が宿った!」と思った瞬間がありました。

完成まであと少し。



posted by mumu at 18:29| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする