2018年09月25日

『夜の虹の向こうへ』の中にユークアラさん!

1025夜の虹の向こうへユークレア.jpg

『夜の虹の向こうへ』高砂淳二 
昨年、図書館で借りて、とっても良かったから購入した本。
この本読んでると創作意欲を刺激される。
今日、引っ張り出して、栞を挟んでたページを開くと、
ユークアラさんの写真!(書籍ではウクアラさん)
すっかり忘れていたけど、既に本の中で出会ってたんだ。
しかも、栞を挟んでいたから特に印象に残ったんだな。
びっくりした!私の忘れっぷりにも(笑)
右脳優位になる本で、アニマルコミュニケーション もそうだけど、右脳で受け取ったことって、記憶できない。
右脳で受け取っていたんだな。おそらく、きっと、、、。

「気になっていることや悩みごと、成し遂げたいことなどを、タバコなど何でもいいから何かお供えして、そして大地に語りかけなさい」
「われわれはね、“祈りなさい”とは言わず、“大地に出て行って語りかけなさい”と言うんだよ」
私、自然によく語りかけてるわ☺️
私は“祈り”よりも“語りかける”方がしっくりくる。
人それぞれだろうけど。語りかけて、受け取って表現してゆきたい。
2012年に出版された本なので、それからユークレアさんも変化しているだろうな。今年、お会いできて本当に良かった。



0924春田浜.jpg

私は、自然が好き。自然が綺麗な本来の姿でいてほしい。
人間も、自然も、本来の姿で活き活きと生きているのを見るのが私の喜び。
宇宙は、すでに、必要なものは全て与えてくれている。
自然の叡智、素晴らしさ。
動物たちの愛。
幸せになるんじゃなくて、幸せに気付くこと。
そして、特別な誰かが素晴らしいんじゃなくて、一人一人が本当に素晴らしい存在。

一人一人が気付いていけば、大きな波紋となる。
わかる人だけが、わかればいいという表現じゃなくて、
多くの人にわかりやすく伝えてゆきたい。

それと、自然を破壊する人間の醜い悲しい部分にフォーカスしてしまっていたけど、これからは、人間の素晴らしい美しい部分にフォーカスしてゆく。
(ユークアラさんに会って、人間はとっても面白い存在だと思えるようになった。)

これらのことは、私の作品、私の行動、生き方で表していきたい。

直接話さなくても、その人に会うだけで、いろんな情報がダウンロードされるから、
大地と宇宙と繋がり、信頼の歩みをできる人間でいたい。



本を読んでいたの、去年の10月でした。

当時の文章。

201308ムーンボー.jpg

久しぶりに図書室に行って、何気なく借りた本
『夜の虹の向こうへ』高砂淳二・著。感涙。
自然との関わりからホ・オポノポノまで。
虹の各色は肌の色の違い。
違いを尊重し仲良く生きてゆく姿の象徴。
写真は私が以前撮影した屋久島の月虹。
世界中旅しなくてもここでいろんな景色を見られる。
絵と写真と文。本にまとめたい。


posted by mumu at 10:22| 鹿児島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

印刷した作品集を動画にまとめました。



【 Shoko Mukai Artworks 】

印刷した作品集を動画にまとめました。

ボーーと何も考えず見て感じてもらえたら嬉しいです^^

youtube → https://youtu.be/qcQxrGZZydQ

vimeo  → https://vimeo.com/291332307


posted by mumu at 17:30| 鹿児島 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の音・呼吸のリズム・沈む太陽。昇ってくる月・虹色の翼・彩雲=境界がなくなる私。

0922彩雲03.jpg

0922彩雲02.jpg

波の音・呼吸のリズム・沈む太陽。昇ってくる月・虹色の翼・彩雲=境界がなくなる私。

0922大根の月とサギ.jpg

0922雄大な空と雲9699.jpg

0922彩雲.jpg

虹色の翼の前を飛ぶ鳥さんも写っています。(1枚目の写真)

どんどん雲が虹色に染まっていって、とっても美しかった〜。

私は何もせず、ただ見ているだけなのに

こんなに美しい景色を見せてくれてありがとう。

人間が見ていても、見てないなくても、

この景色は確かにあるところ。そんな自然が好き。








posted by mumu at 17:09| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

本来の姿でいるのを見るのが私の喜び

0918海.jpg

0918海_018.jpg

お気に入りの海岸で、泳いでと〜っても楽しかった!

屋久島の海に溶け、great mother earthに抱っこされて来ました。

自然も人間も本来の姿でいるのを見るのが私の喜びです。

0918魚01.jpg

ミヤコキセンスズメダイの幼魚

0918貝.jpg

2枚貝、集めています。貝の中に猫の人形を作って入れるの。

0917脱皮バッタ.jpg

昨晩、脱皮していたバッタ、今朝もまだいた。

綺麗だなぁ。内側から光っているような緑。

私も脱皮したみたいなものかな。

今朝の音楽。どんとの息子さん、ラキタinカタカムナ『ねらいうち』ってアルバム。

帰省した時、友人にプレゼントしてもらった。ありがとう。優しい世界。

0917絵本.jpg

届いた嬉しいもの。南の国の昔話絵本。

私の作品に通じるものを感じるから、

製作のヒントになればとプレゼントしてくださった。

どれも楽しく拝読しました。感謝。

中でも『しろいむすめマニ』の絵を描かれたポテイロさんのインタビューが面白かった。

彫刻が売れず借金取りから逃れてダイヤモンドを探していた時に、

そこで出会ったブラジルのトパン族のインディアンと仲良くなり一年半一緒に暮らしていたそう。

何も考えないで自然の中での生活を満喫後、元の町に戻ったら。生きていてよかった!って

パーティを開いてくれたそう。その後、働いて借金は返したってエピソード。

面白い。



posted by mumu at 15:59| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

魂の歩み。

0914ユークアラさん05.jpg

グランドキャニオン・ハバスパイ族のユークアラさんに会いにいく旅&帰省から帰ってきました。
友人が見た夢から始まったこの旅。
友人の夢の中に私が登場して、『Mくん(今年生まれた赤ちゃん)の魂の記憶を見たい?』
と言って、ある場所に案内したそう。
そこは、広大な赤土の大地。遠くに連なる山脈。美しい水色の滝。joy & Happiness の世界。
喜びに満ち溢れた、歓喜だけの世界。
どこかはわからなかったんだけど、友人に話たら『ハバスの滝』だということが判明。
夢で見た通りの景色だったそう。

明石に着いた日には、明石で赤土を探しているときに出会い、明石の個展に繋いでくださったOさんに会いに。
この出会いがきっかけで明石で個展を開催でき、また、赤土がでる場所ということで、赤土色の茜町という新しい地名も明石市大久保町に新しく生まれたのです。
(そういえば、その時に見に行った藤川素子さんの展覧会のタイトルは『魂のの歩み』)



そして、9月14日当日は、20年以上の付き合いになる友人とも再会し、一緒に会場へ。

0914猫.jpg

実家から出発する前、部屋の外から視線を感じたので、窓を開けてみると、オッドアイの綺麗な猫ちゃんが、じっとこちらを見ていました。
母に「この猫、よく来るの?」って聞いたら、初めて見たとのこと。これも何かのメッセージ。
ずっと見てても視線をそらさず、くつろぎ始めたので、表に出て行ったら逃げてしまいました。



そして、現地で友人ファミリーと合流。
丸一日、ものすごい密度でセレモニーが行われました。
言葉ではうまく説明できませんが、ユークアラさんほど美しく、深く、大きく、バランスよく、ど〜んとした信頼。真摯な方に会ったのは生まれて初めてです。
そして、会場に集まった全ての人も美しかった。。。
間違いなく私のターニングポイントとなる旅となりました。
これから生きてゆく指針が定まりました。



0914脳みそ.jpg

その日の夜は、脳みそがじわ〜っと何かに包まれる感覚。
イラストみたいな感じでした。



神戸では、ちょうど、インドで染めた草木染めの展示会『いのちのころも展』をしていた、幸子ちゃんとも再会。
そのとき、お店にいた人、後から思い出したけど、明石の個展にきてくれていた人だったな。



先ほど、屋久島に着いてスーパーへ。お留守番してくれていたニャンコたちにチュールなどを買っていたら、つい先日、グランドキャニオンに行っていた友人にばったり会って、少し話を聞いてもらいました。



思えば、去年の12月に花ちゃんがいなくなって、花ちゃんから伝えられたメッセージ。
「もっと人に会ってほしい。仙人みたいな生活をするのは、まだ早い。人って素晴らしいよ」「本当の自分を思い出して」ってこと。
そのメッセージを聞いて、花ちゃんにまた会いたいが為に、
個展を開催し、その個展会場で、さおちんに夢の話を聞かせてもらい、今回の旅につながりました。
人間の素晴らしさに焦点を当てて生きてゆきます。





今朝、屋久島に戻る前の実家の前の電線には、
綺麗な声で歌う小鳥ちゃん。ハクセキレイかな?
しばらく綺麗な歌を聞かせてくれました。
ものすごく濃くて、言葉では伝えきれないたくさんのことを
受け取りました。
とても美しい旅でした。
ありがとうございました!!!

posted by mumu at 18:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

月の周りの彩雲

0828月の彩雲.jpg

0828月の彩雲03.jpg

0828月の彩雲02.jpg


月の周りの彩雲が連日綺麗すぎる。

微細な色は肉眼の方がよく見える。

写真には映らない色がある。



behanceという、ポートフォリオサイトに登録しました。

https://www.behance.net/shokomumu

adobeが運営している、全世界のいろんな方の作品が見られるSNSのようなもの。

世界は広い。知らない国の知らない人が反応くれたりして、新鮮です!

ちょっとずつ作品の登録数増やしてゆきます。





posted by mumu at 20:41| 鹿児島 ☔| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

美しい島の川。

0826川.jpg

川で泳いでスッキリ!

島の川、美しいわ〜。ありがたいです。

0826作品集.jpg

そして、作品集の見本が届来ました。

紙違い、加工違いで数種。いい感じ〜♬


0826満月.jpg

0826満月032.jpg

今日は満月ですね◎

まんげつのよる






posted by mumu at 21:39| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

入り口でもあり出口でもあるスカート

0825スカート.jpg

きのうのスカートに螺旋の木を描きました。

写真にうまく映らなかったけど、、、。

ど〜んと地中に入って出ていく感じです^^

入り口でもあり出口でもあるスカートです。



posted by mumu at 17:56| 鹿児島 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

白いスカートに色を。

0824スカート.jpg

絵を描こうと思って買っていた白いスカートに色を付けました。

アクリル絵の具で。

この上からどんな絵を描こうかなぁ。

0714サク.jpg

サク。とっても器が大きい子。

サク(朔)→太陽と月と地球が一直線に並ぶ。はじまり。という意味です。

アニマルコミュニケーション も着々と練習しています^^

最初は、すっごく緊張していたけど、場数を重ねると、

自信も付いてきて、いい感じです^^




posted by mumu at 20:49| 鹿児島 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

台風と猫と仲直り◎読書『脇道にそれる」

0822サク・アン・日向.jpg

台風19号が通り過ぎてゆきました。

日向・・・台風の中でも外の猫アパートから家の中に入ろうとせず、、、。

0821台風の中の日向.jpg

雨風が強くて、家にはいってこられんのかな?と思い、抱っこして家に入れるも、

すぐに浮き足立って出かけてゆきました。台風を楽しんでいたみたい。

今朝、ケロッと帰宅。

今日は、アンちゃんと追いかけっこして、えらく楽しそうでご機嫌さん^^

0822日向.jpg

日向とアンちゃん追いかけっこ 屋久島 yakushima

0822日向とアンちゃん追いかけっこ.jpg



昨晩の台風の中、アンちゃんの姿が見えなくて、アニマルコミュニケーション してみたら、

薄暗いところにいることしかわからなくて、家中の薄暗いところ探したけどいない、、、。

軒下かも!と思い名前を呼んだら、帰ってきました。

雨風が弱まっている時に外に出て、そのうち急に雨が強くなり帰ってこれなかったみたい。

よかったよ〜。

みんな元気です。花ちゃんもどこかでお目目、まんまるにして台風を感じていたことでしょう〜。

0820アンとサク仲直り1115.jpg

先日、サクに怒られてから、距離があったふたり。

アンちゃんが一人で寝ているところに、サクが寄り添い、

久しぶりのツーショット。嬉しくて何枚も写真撮っちゃいました!

0820サクとアン仲直り5961.jpg

0820アンとサク仲直り_1109.jpg



いま、読んでいる本。

『脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ」尹雄大著 春秋社

一章一章が、それぞれほんとうに良い。

いろんな人におススメしたくなる。

先日、歯医者の待ち時間に読んだ南日本新聞の書評コーナーで紹介されていた本 。

普段感じていることを丁寧に言葉にしてくれていて深く共感する。

リアルとリアリティは違う。リアルに生きる。

まだ読んでいる途中だけど、一章を何度も繰り返して読みたくなるので、

ゆっくりじっくり味わってます。

0821脇道にそれる.jpg

画像は書評記事。




posted by mumu at 18:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする